B型肝炎給付金を弁護士に依頼する

B型肝炎給付金手続きについて紹介します

B型肝炎給付金をもらうには

赤ちゃんB型肝炎給付金制度は、満7歳までの集団予防接種の際など注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスに感染した人、または出生時に母子感染をした人などです。しかしながら、成人後にB型肝炎ウイルスに感染した人については対象外になります。B型肝炎ウイルスは、体内から完全に除去することはできませんし、肝臓がんなどのリスクもあります。そういった人の救済手段が、給付金になります。

B型肝炎ウイルスを保菌しているかどうかは、検査をしてみなければわかりません。なぜなら、肝臓は沈黙の臓器でありなかなか病気にならないと自覚をすることがないからです。しかしながら、該当する年代(昭和23年から63年の間)に満7歳以下で予防接種を行った、親近者にB型肝炎ウイルス感染者がいるなどという可能性のある人は、早めに検査を受けるとよいです

検査のため、B型肝炎ウイルス保菌者であった場合は、弁護士にまず相談します。医者のカルテなどを取り寄せることによって、初回無料相談でその給付金に該当するかどうか調べてくれたり、インターネット上で調べられる弁護士事務所もあります。B型肝炎給付金は専門的な手続きになりますので、弁護士を代理人に立てることが一般的です。


B型肝炎給付金とは

肺がんB型肝炎給付金とは、昭和23年から63年までの予防接種などでB型肝炎ウイルスに感染した人を対象に支払われる給付金です。実際の手続きとしては、国家賠償請求訴訟を提起することになります。B型肝炎ウイルスは、人によっては、肝がんや肝硬変などを発症するウイルスであり、感染すると不安な日を過ごすことになりますし、実際に病気になると日常生活にも支障をきたします。

このようなB型肝炎ウイルス感染者およびその遺族を対象として、その間戦に対する損害を補てんするために給付金を支給することを決めた法律がB型肝炎特別措置法です。この給付金を受けるには、裁判所に所定の書類を提出して、それから実際にB型肝炎ウイルスに集団予防接種などが原因で感染したことを示します。

実際の感染者からの二次感染、三次感染なども基本的に同じように認定します。裁判所に訴状を出して国に対して国家賠償請求訴訟を提起すると、裁判所の仲介の元和解をすることになります。裁判所での和解手続きを行うと、社会保険診療報酬支払基金へ給付金を請求することになります。

これら一連の手続きをB型肝炎訴訟といいますが、B型肝炎訴訟は、法律的な手続きはもちろんのこと、医学的な手続きもしなければなりません。そのためこれらの手続きに精通した弁護士にお願いすることが一般的です。信頼できる弁護士にお願いすることで、スムーズに手続きをすることもでき、給付金を受けることもできます。